乳癌患者、子宮がん検診へ行く

・はじめに

最近スピ系の人から、子宮にがんがあるよ!!との伝言がありました。 (すみません、そういう人だと思って今後読み進めてください)

つい最近PET CTをして、遠隔転移もクリアして安心していたのに!

確かにPET CTでは脳や子宮は判定できないらしい。

だからと言ってそんな話を聞いて心配しているのも嫌だし・・・・

ということで、子宮がん検診を受けて来ました!

子宮ガン検診の写真

・乳癌から子宮へ転移するの?

そもそも乳癌と子宮がんの両方が私の身体に存在するとしたら、それは転移なの?それとも原発は子宮のがんなの?   ちょっと調べてみました!!

極めてまれな乳癌の子宮転移はあるものの、乳癌の子宮転移報告は極めて少ない。 乳癌の子宮転移がある場合、多くは局所再発や、他臓器の転移を伴い、症状として不整出血を認める。 子宮に性器以外の臓器発生した癌が転移するのはまれであり、婦人科細胞診でこれらの性器外悪性細胞が検出されるのは極めてまれである。 子宮へ転移する性器外原発癌としては、胃がん、乳癌、直腸がん、膀胱がん、そしてすい臓がんなどがある。                            札幌医科大の報告書より一部抜粋

・子宮がんとは

子宮がんは、子宮の奥の子宮体にできる子宮体がんと、入り口にできる子宮頸がんの2種類に分けられます。

子宮体がんは、閉経前後の50代をピークとして起こりやすくなる癌です。

女性ホルモンの乱れが原因と言われており、不正出血によって気づくことがあります。

女性ホルモンのエストロゲンによって、子宮内膜が刺激されることで起こるとされ、高エストロゲン状態となる、出産経験のない方やホルモン剤を服用している方、閉経後の方などのリスクが高いそうです。

子宮がんの2割程度がこの子宮体がんと言われています。

一方、子宮頸がんは、セックスの時に感染するヒトパピローマウィルスの原因が主です。

成人女性の半数以上が感染するのですが、この菌が排除されないと癌になる可能性があります。

自覚症状がなく、早期発見のためには、定期的な検診は欠かさない方が良さそうです。

子宮がんの8割がこの子宮頸がんと言われています。

・乳がん治療が子宮筋腫に悪さをする?

乳がんのホルモン治療は、乳がんには効くけど、子宮筋腫には逆効果なこともあり、そこが難しい・・・ のだとか。

ある女性は、乳がんの治療で、ホルモン療法を受けていたところ、子宮筋腫の大きさが約2倍にまで成長してしまったという。

乳がん治療に「タモキシフェン」という薬剤を用いる場合や、女性ホルモンの補充療法として、プロゲステロンは併用せずにエストロゲンだけを使用すると、子宮体がんの発生するリスクに影響が出るそうです。

・考察した結果

まだ子宮がん検査の結果はでていませんが、こうしてみると乳がんからの子宮への転移の可能性は低そうです。

以前、人間ドックを行った時の医師が、 「乳癌だから子宮も気をつけましょう」 と言った言葉が頭に残っていて、乳がん=子宮がん転移と思い込んでいたのですが・・・・少し違っていました。

乳がんと子宮がんは共に、ホルモンであるエストロゲンに関与している場合が多いことから、そのように言われたのでしょう。

ただ、私の場合Her2タイプ(ホルモンは関係ない)の乳がんなので、あまり関係ないかも知れませんが。

また、乳がん治療に使われるホルモン剤の使用法によっては、子宮体がんのリスクを高めることがわかりました。

私の場合は、治療していないので、薬によるリスクはありません。

つまり、もし今子宮がんになった場合は、乳がんからの転移の可能性は極めて低く、子宮原発からの子宮がんということになりそうです。

何れにしても、乳がんを患っている事で、免疫力が極端に下がっている身体なので、身体の中で何か異変が起こっても不思議ではありません。

日々、免疫力をあげる努力をして、がん細胞に負けない身体を作っていかなければいけませんね。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする