近藤 誠氏によるセカンドオピニオン

・はじめに

2年前の春、乳癌宣告をされてから、セカンドオピニオンを受けに近藤誠氏の所を訪ねました。

きっかけは標準治療しか知らない私に、薬膳講師でありアロマテラピストである友人が、近藤誠著である「がんもどき」で早死にする人、「本物のがん」で長生きする人の本を私に渡し、手術する前に1度近藤さんの所へ行って欲しいと言った事でした。

・近藤 誠(こんどう まこと)

1948年生まれ。 73年、慶応義塾大学医学部卒業。同年、同大学医学部放射線科入局。70年~80年、米国へ留学。83年より同大学医学部放射線科講師。がんの放射線治療を専門とし、乳房温存療法のパイオニアとして知られる。


・「がんもどき」と「本物のがん」

がんには「本物のがん」と「がんもどき」があるというのが近藤理論。

その違いは、転移するかどうかです。本物のがんには、生まれつき転移する能力がありますが、がんもどきには転移する能力がありません。

そのため、本物のがんは、発見された時に転移が見つからなくても、体のどこかに転移が潜んでいます。

発見されたがんを治療しても、潜んでいた転移が必ず出てくるのです。

がんもどきの場合は、いつまでたっても転移は出ません。

つまり、本物のがんは、治療してもしなくても、転移が出る。だから、治療しても意味がない。がんもどきは、治療してもしなくても、転移が出ない。だから、治療する必要がない。

どちらにしても、治療は無意味ですし、治療は体にダメージを与えますから、治療せずに放置するのが一番良いのです。

*参考文献

光文社新書 近藤先生、「がんは放置」で本当にいいんですか?

 近藤誠 著

この近藤理論は賛否両論あり世間を騒がせています。

少なくとも西洋医学の病院へ行けば、ほとんどの医者たちは口を揃えて間違っていると言います。

しかし、この「本物のがん」と「がんもどき」をどうやって決めるのでしょうか。


・診察

私は言われるがままに、すぐに予約をとり近藤氏のセカンドオピニオンを受けることになりました。

マンションの1室には近藤氏と秘書兼看護師のような上品な感じの女性の方がいらっしゃいました。

お茶の代わりに小さなペットボトルのお水をいただきました。

近藤氏は私の持参した病院からの紹介状を見ながら問診、その場での触診を終え、白い紙にペンで簡単な説明を書き、癌の大きさが1.2センチで95パーセントがんもどき、さらにHer2プラスだから90パーセントと記入。

でも私が 「脇にも転移がありますけど大丈夫ですか?」 と言ったら、赤ペンで90パーセントの下に80パーセントと書き直しました。

そこですでに誤診ではないか〜と心の中ではつっこみつつも、この大雑把ながんもどきの割合の決め方には少々びっくりしました。

ただ、癌そのものは時間が経つと大きくなって皮膚から飛び出してしまう場合もあるから、癌の部分だけ部分切除してもいいかもしれないといった診断でした。

切除希望するならと、近藤氏から病院も紹介されました。

その時の近藤氏の印象は、なんだよくわかりませんが、体も大きくて存在感ここにあり!の印象でした。

目の力も強くて、少し強面にも見えましたが、話にくい感じの人ではありませんでした。(個人的な感想です)

料金は30分で3万2000円!

川島なお美さんではありませんが

お高い!!!!!ですね。

でもですね、がんもどきと言われた時の私の気持ち・・・・正直久々に気持ちが軽くなったのを、今でもはっきり覚えています。

癌宣告、全摘手術、放射線、抗がん剤といった治療計画を提示され、それまでの1ヶ月地獄のような怒涛の日々でしたから。

そんな時に大丈夫ですよ〜と背中をさすられたみたいに、心が落ち着き希望が持てたのを覚えています。

・その後

それからも何件か病院へ行きましたが、どこへ行っても全摘、抗がん剤、放射線の3大治療を1日も早くするように言われ続けました。

結局近藤氏に紹介された病院に行き、いずれ切除するものの、しばらくはハーセプチン単独の投与をしながら様子を見ることにしました。

結局、3ヶ月ほどして癌の進行は止められていないのが分かり(遠隔転移ではありません。サイズが大きくなっただけ)、ハーセプチン投与も止めました。

それから私は病院へも行かなくなり民間療法や代替治療のみで2年半が過ぎました。

まだ内臓転移の確認は取れていませんが、がんそのものは確実に大きくなっています。同じ乳房内ですが、転移も見られます。

近藤理論からいうと、私の選択が正しいのか間違っているのかは内臓転移をするまでわからないということになるでしょう。

「本物のがん」と「がんもどき」の区別の仕方も患者側にはよくわかりませんよね。

近藤誠氏が提唱する「がん放置理論」を信じて、早期発見できたがんを進行がんにしてしまうこともあるそうです。

1つの情報として参考にしていただけたらと思います。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

<スポンサーリンク>




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする